【超重要】ご利用は計画的に…のキャッチフレーズは本当に大事!キャッシングする上で返済期間を考えることは超重要なのでしっかり考えましょう

更新日:

キャッシングする上で返済期間を考えることが重要です

キャッシングは返済期間が決められている?返済期間の確認は大事

全てのキャッシングサービスは、返済する期間が決められています。

一定の期間までに返済が完了していない場合、最後の月に全額を払うように要求されます。

かなり金額が多くなってしまう場合、最後の月に返済が不可能になってしまい、遅延損害金を受けることもあるでしょう。

キャッシングは、一定の期間で全て返済しなければなりません。

返済の計画をたてるためにも、返済期間の確認は行いましょう。

 

返済期間はホームページに記載されている

返済期間については、ホームページ上に掲載されています。

大半の会社は、1ヶ月から120ヶ月程度の間で設定されています。

120ヶ月というのは10年に該当しますので、10年以内に返済を行わないと、強制的に全額の支払いを要求されるというわけです。

この返済期間については、クレジットカードのキャッシングにも設定されています。

クレジットカードの場合、単独でキャッシングを提供している会社よりも返済期間が短くなります。

5年程度の返済期間が設定される傾向にあり、返済計画はより短いスパンで考えることになるでしょう。

 

返済期間ギリギリまで粘らないこと

どれだけ返済期間が長いと思っても、返済期間ギリギリまで粘って返済を行わないようにしましょう。

大事なことは、返済期間よりも早く終わらせることで、できれば2年ほどの余裕を持って計画を作ります。

借りる計画を作る場合には、返済期間に余裕を持たせるために、3年程度での完済を目指します。

返済期間の余裕がなければ、もし計画通りに進まなかった場合、余裕を持って返済を伸ばすことができないからです。

できることなら2年くらいの余裕をもたせることと、返済できない状況となった場合に、出来る限り返済期間を伸ばせるような返済計画を作りましょう。

 

返済期間までに返せなかった場合

キャッシングの返済期間までに返せなかった場合、最終的に最後の月に全額の支払いを要求されます。

この返済ができなかった場合、遅延損害金が発生して、返済期間が延長されることになります。

遅延損害金は、キャッシングの金利が20%前後に上昇しますので、更に高額な利息を払うことになります。

この金利の上昇については、10%未満の金利でも20%に上昇させられるので、大幅に金利が上昇する可能性もあります。

返済期間を確認していなかったことで、場合によっては、キャッシングで大きな損失が計上される可能性もあります。

余裕を持って返済の計画を作りつつ、返済期間までには返済が終われるように努力してください。

-お金をつくる, キャッシング
-, , ,

Copyright© インクリオ:あなたの人生にプラスを , 2018 All Rights Reserved.