家を売る 前に知っておきたい|家が高値で売れる3つの方法を解説します!| 相場より10%以上高く売却する!

家を売る 前に知っておきたい|家が高値で売れる3つの方法を解説

1円でも高値で家を売るために

家を売る理由は、

相続税を払うために

遺産分配のため

住み替えしたい

環境が変わった

ローンが払えない

離婚したから

慰謝料を払わねば

家を買い替えしたい

引っ越す必要があるので売ってしまおう

利用していないお家を現金化しておこう

大金が必要になったなど金銭が必要になったから

などなど人それぞれ実に様々です。

さらに今すぐ家を売りたい、もう少ししたら家を売りたい、条件が良ければ家を売ってもいい、など、
売却するタイミングも人それぞれ異なってきます。

ただ一点、家を売りたいと思っているみなさんに共通していることは「家が高値で売れたら嬉しい」と言うことでしょう。

大切な家を売らなければならない時、どうせならできるだけ高く売りたいのは当然のことです。

本記事では、「家が高値で売れたら嬉しい」そんなご要望にお応えできる様、「家を高く売る方法」に迫り、1円でも高く家が売れる3つの方法について解説します。

どなたでも簡単に実行できる方法なので、ぜひ「家が高値で売れる方法」を知って頂き、1円でも多くのお金を受け取ってください。

あなたのお家が高値で売れ、「この記事を読んでよかった」と思ってもらえると幸いです。

それでは早速解説します。

高値で家を売るポイントその1

実力のある業者選び

家をできるだけ高く売るためにはパートナーとなる不動産業者の選定が欠かせません。

多くの場合、一括査定サイトなどを利用して複数の業者から査定を受けると思いますが、提示される査定額はあくまで目安です。

契約欲しさから査定額を高めに調整する業者も少なからずいますので、一括査定サイトを各社から提示される査定額はその根拠を聞いて納得性があるかどうか確かめてください。

過去の事例や最近の近隣物件の動静などの情報を用いて納得できる説明を受けることができれば、信頼性の点でひとまずは合格です。

次に、売却物件の種類に強い業者かどうかを考慮します。

不動産業者と一口に言っても実際には守備範囲や得意分野がそれぞれ異なります。

例えば一軒家の売買仲介が得意な業者もいればマンションの扱いが得意な業者もいます。

土地の扱いが上手い業者もいれば売買ではなく賃貸物件の仲介が本業な業者など様々です。

あなたが売ろうとしている不動産の種類によって、その種類の売却仲介が得意で実績が豊富な業者を選ぶことでより高く売ることが可能になります。

担当者からこれまでの実績を聴き取りしたり、HPなどで個別業者ごとに取扱い物件を調べてみましょう。

信頼でき、実績がありそうな業者から最も査定額の高いところを選ぶと高額売却が実現できるでしょう。

高値で家を売るポイントその2

価格設定の工夫

不動産業者から受けた査定額を参考にして実際の売り出し価格を決めることになりますが、この時に最初から売り主が許容できるギリギリの値段設定とすることは良くありません。

近隣のライバル物件に差を付けようと最初から安い値段設定とするのは、売り急ぎなどの事情がある時は仕方ありませんが、そうでなければ避けるようにしてください。

見込み客が付いたとしてもかならず値引き交渉が入るものと考えて、初期設定としては少し高めの値段設定にしておくのが賢い方法です。

ただし、近隣のライバル物件と比べてあまりにも高くしてしまうとこんどは問い合わせが来なくなる恐れもあるので、不動産業者と相談して不自然でない範囲で調整が必要です。

市場の見込み客も最初から値引き交渉をすることを前提に物件を探しているので、物件に魅力があり、交渉すれば何とかなりそうな値段であれば取りあえず内見希望を出してくるはずです。

そこから多少の値引きをしてもそれは折り込み済みですから売り手にとっては許容範囲というわけです。

高値で家を売るポイントその3

期間的余裕の確保

不動産の売買は売り手と買い手の綱引きのようなもので、交渉上のパワーバランスは契約金額に直結します。

売り手側が不利になる理由の一つに「売り急ぎ事情」があります。

売り急ぎとは文字通り急いで売らなければならない事情がある場合です。

家を売らなければならないということは、まとまったお金が必要な事情があるということが多いです。

そういった事情があるということは、その期限も決まっていることがほとんどです。

例えば借金の返済であれば弁済期限というものがありますから、その期限までにお金を用意できないと遅延利息や損害金などのペナルティが加算されてしまうことになります。

また相続税などの税金の場合も同様で、税金の場合は延滞税などのペナルティが課せられます。

このようにお金を用意しなければならない期限が決まっている場合には、期限が迫ってしまうと値下げしてでも急いで売らなければならないことになるので大きな損が出ることになってしまいます。

現金化に期限があるケースでは、売却にあたってできるかぎり素早く行動し、不動産業者の選定などの準備を進める必要があります。

高値で家が売れる3つの方法まとめ

以上になりますが、いかがでしたでしょうか。

今回は大切な家をできるだけ高く売るための3つのポイントを見てきました。

最も重要なのは売却にあたってパートナーとなる不動産業者選びですが、信用面と実力面の二つが備わった業者を味方に付けることで高く売ることが可能になります。

信頼できる業者であれば価格の設定についても適切な助言を得ることができるでしょう。

後はできるだけ期間的余裕を確保して交渉上不利にならないよう、売却を決断したらできるだけ早く行動に移すことを意識することが重要です。

ぜひ実行してもらい、1円でも高くお家が売れることを願っています。

不動産の売却で最も多くのお金を受け取るには?

同じ不動産でも、間に入る不動産業者によって受け取れるお金が変わります。

どうせ売るなら1円でも高く売れる方がいいと思うのが当然だと思います。

そんなときにぴったりなのが、多くの不動産会社に一括査定が申し込める比較サイトです。

たった一回の入力で、一度に何十社と査定することができますので、最も多くのお金を受け取れる不動産会社が簡単に見つかります。

売却や相談したいと思っている方は、無料ですので一度試してみるといいでしょう。

マイスミ

不動産一括査定サイトのマイスミ

東京証券取引所マザーズに上場している、株式会社じげんが運営するマイスミは、不動産の一括査定ができる比較サイトです。

比較することで、あなたが売りたいと思っている不動産が最も高く売れる不動産会社が見つかります。

比較することで、1000万円以上も多くお金を受け取れるケースもあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。