【ブラックリスト】信用を無くすキャッシング後の返済滞納はデメリットがたくさんなのでゼッタイ覚えておきましょう!

更新日:

キャッシング後の返済滞納はデメリットがたくさん!

キャッシングでの滞納は危険!会社の対応が非常に厳しい傾向あり

返済を滞納している場合、借りている会社から連絡を受けることが多いです。

闇金を利用している場合には、特に厳しい取り立てが行われて、家までやってくることもあるでしょう。

キャッシングを提供している会社は、闇金ほどではありませんが、対応が厳しいと言われています。

滞納している場合に起きてしまうことについて、理解した上で滞納しない工夫をしましょう。

 

滞納が発覚すると毎日電話で連絡が来る

キャッシングで滞納が発覚した場合は、返済日の翌日に連絡が入ります。

ここで返済されていないことを告げられ、いつまでに返済できるのかを要求されます。

電話に出ている場合には、返済日を新しく作ってしまえば大丈夫なのですが、電話にも出ないで放置している場合、何度も連絡を入れてきます。

最初は数時間に1回、場合によっては12時間に1回程度の連絡で済まされる可能性もあります。

どんどん滞納している日数が増えると、2時間に1回ペースで連絡を入れるようになり、更に滞納が進めば1時間に1回、つまり出てくれるまで電話に連絡を入れます。

個人の電話番号で出てこないとなれば、キャッシング会社は次の対応を取ります。

お金を借りることは、仕事をして収入を得ているわけですから、会社に電話して返済について協議すればいいと判断します。よって、次の電話先は会社に変わります。

 

会社への連絡で強制的に電話に出させる

勤めている会社に対して連絡を入れ、電話にでるようにキャッシングの会社は伝えます。

ここでは返済の滞納についての説明は行いません。

会社側に電話に出てほしいことだけを告げて、呼び出しをお願いするのです。

会社から呼び出しを受けているとなれば、電話に出るしかありません。会社に迷惑をかければ解雇される恐れもあるからです。

電話に出た後は、個人の電話と同じように返済について協議するのですが、ここで返済する日程を提示しなかった場合、また会社に電話をかけられる恐れがあります。

 

最終的には郵便などの通知も

電話にも出ない、会社の電話対応も悪いなどの問題があれば、最終的に郵便によって家族にもわかるように通知を行います。

その上で、債務の取り立てができないか、裁判所に申し入れを行う場合もあります。

強硬手段に出られると、差し押さえなどの措置によって、返済が強制的に実施されることもあります。

滞納していることは、生活に悪影響ばかりを与えてしまうことになりますので、差し押さえの前までには返済は行ったほうがいいでしょう。

-お金をつくる, キャッシング
-, , , , , , ,

Copyright© インクリオ:あなたの人生にプラスを , 2018 All Rights Reserved.